スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記 -珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を-



読みました!


珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る



ミステリー小説初心者の僕ですが、本屋で表紙を見てビビっと来たので即購入。

んで読みました。

以下感想






まずキャラがそれぞれ立っていて面白いです。この本の表紙を飾っている女性、切間美星のキャラがこれでもかというくらい立ってました。

「その謎、たいへんおいしく挽けました」謎解き物にありがちな「謎はとべてすけた全て解けた」系のセリフをこうもうまく言い回すか、と。

さらに美星は、謎を解くときにコリコリと豆を砕く(?)機械を手で回しながら推理します。端から見れば変人ですが一度でいいから見てみたい。そんな風に推理する人。

ミステリ部分は日常の謎から始まり、その内切間美星の過去に迫るというものになっています。推理は結構簡単な方でした。無駄キャラなんてありませんでした。

微妙だったところは、コーヒーのうんちくが全くわからなかったというところでした。なんのことジャイ、と心の中で突っ込みながら読みました。脳内ではコーヒー豆がザーッと焙煎器か何かに入っていく映像が延々と流れてました。

ネットで厳しい意見が多いこの本ですが僕は面白いと思いました。ミステリー初心者だからですかね。


あと、登場人物の名前がコーヒーにちなんだ名前になってるのに読んだあとに気がつきました。主人公の「アオヤマ」は「ブルーマウンテン」、「切間美星」は、「キリマンジャロコーヒー」と「見本市」(?)、その他登場人物もコーヒー、あるいは原産国にちなんだ名前となっているので是非全部探してみてください。僕は諦めました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

主の生態
どーにかなるし、どーにでもなります。世の中。

ノーレ中尉(旧ヴィヴィット)

Author:ノーレ中尉(旧ヴィヴィット)
パチュリーとパチュリーとパチュリーが大好きなおっさん。パチ「ェ」リーっつったやつ屋上に来い

見てくれた人
田井中律
今見てくれてる人
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
vivit_kr011をフォローしましょう
今日は何の日?教えて慧音先生
けーね先生が今日は何の日か教えてくれるってけーねがいってた

まよねーず工場
十六夜咲夜の大きな懐中時計
大きな咲夜の月時計~ 咲夜さんの時計~♪

まよねーず工場
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。