スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある霧雨の超恋色砲(ファイナルスパーク)

魔理沙「……ここにいるのか」

魔理沙「…アリス…!」

ずずぅーん……

魔理沙「! 地震か!?」

魔理沙「いや……違う…これは……」

アリス「待ってたわよ、魔理沙」

魔理沙「ゴリアテ人形……だと……」

アリス「そうよ。これで香霖堂をつぶしたの。アンタがいけないのよ」

魔理沙「………アリス」

アリス「何?」

魔理沙「……謝ろうと思ったけど、やめる。お前だけは許せない。私はお前を撃つ。」

アリス「はっ!何を今さら!八卦炉が壊れてるあなたなんて敵じゃない!」

魔理沙「……いいや、…撃つぜ」

アリス「やれるならやってみなさい!行けっ!」

ヒュンヒュンヒュン……

ザクッ

アリス「ちっ!外したか!もう一度!」

ヒュオオオオ……

アリス「な…何…この光……」

魔理沙「行くぜアリス。手加減無しでな…」

魔理沙「『ファイナルスパーク』!」

どごぉおおおおおぉ………




魔理沙「……私も甘いな。手加減無しって言ったのに……」

魔理沙「……ごめんな、アリス。お前の気持ちに気づいてやれなくて」

魔理沙「……だから」

アリス「へぇー………」

魔理沙「!! いつの間に!」

アリス「私もごめん。また一人で勘違いして………」

アリス「……これからも仲良くしてくれる?」

魔理沙「…決まってるだろ。」



パシャ

射名丸「今年のベストカップル賞の記事に使えそうですね…」

マリアリ「「……………………」」

射名丸「あや?何固まってるんですか?」

魔理沙「……スペルカード」

射名丸「あやややや!大分デジャヴです!」

魔理沙「『ファイナルスパーク』!」

どごぉおおおおおぉ……



続きを読む

スポンサーサイト

香霖堂襲撃

魔理沙「くっそ…アリスのやつ、それならそうと早く言えよな…」

魔理沙「気付かない私も悪かったけど…」

魔理沙「…でもその前に八卦炉取りにいくか…。勝負になったら八卦炉無いと何もできないからな」

boooon…


香霖堂

魔理沙「!!…香霖堂が……壊れてる…」

魔理沙「香霖は……?」

???「う………」

魔理沙「!! 香霖!!!」

霖之助「ま……魔理沙…か…」

魔理沙「どうして……こんな……」

霖之助「はは……僕もこうなるなんて……思わなかった…よ…」

魔理沙「…誰がやったんだ……」

霖之助「……だいだらぼっち……と…言えば良いのかな……。……とにかく……巨大な…何かが……」

魔理沙「なんだって……」

霖之助「そいつは……『誰かが操っていた』……。僕は……そう……見えた……」

魔理沙「…………………」

魔理沙「…私はそいつを倒す。香霖、八卦炉を返してくれ」

霖之助「……あぁ。………ほら……」

魔理沙「……ありがとう。仇は取るからな」

ザッ

ヒュオッ

ギュウウウウウン…

霖之助「…………勝手……に………殺す…な…………魔理…………沙………」

霊夢に相談

魔理沙「…っていうわけでさ、アリスのやつ出てったんだ」

霊夢「そう」(ずずー)

魔理沙「…なぁ、霊夢。聞いてるのか?」

霊夢「聞いてるわよ」

霊夢「つーか、アンタも罪な女ねぇ。堂々と三股かけるなんて」

魔理沙「三股?私はそいつらに特別な感情は持ってないぜ」

霊夢「アンタが持ってなくても他の三人は持ってんのよ。ていうか、女の子が女の子に特別な感情を持つなんてあんまり無いんだけどね」

魔理沙「………じゃあ、アリスは特別な感情を私に抱いてるのか?」

霊夢「まあ、多分そうでしょうね」

霊夢「けど気づかないアンタもアンタよ。お宝話には敏感なのに、そういうのには鈍いのよね」

魔理沙「そうだったのか…」

霊夢「今から謝って来た方がいいんじゃないの?」

魔理沙「……そうだよな。アリスの気持ちに気付かなかった私が悪かった。じゃ、謝りに行ってくるぜ」


boooon…


霊夢「さて、庭の掃除でも…」

スー…

霊夢「!…このうさんくさい妖気は…」

紫「はあい。霊夢。今暇?」

霊夢「い、今から庭の掃除よ!」

紫「そう。それは残念ね~。せっかく外の世界の食べ物持ってきたのに」

霊夢「(!!!) ………ま、まぁ、別に…あ…アンタが…どうしてもってなら…」

紫「ちなみに中身は『八ッ橋』よ」

霊夢「(ザッ)食べます」

紫「おりこうさんね」


パシャ


射名丸「妖怪に餌付けされる巫女…これで一記事書けそうですね」

霊夢「……何しに来たの、文?」

射名丸「パパラッ…もとい、取材をですね」

霊夢「…スペルカード」

射名丸「だぁあああ!!待ってください、霊夢さん!お願いだから!!!」

霊夢「……『夢想転生』!!!」

射名丸「しかも転生使って来やがりました!!」


ちゅどーん


霊夢「さ、八ッ橋食べましょ」

紫「……そうね」

紫(……いつか、私の弾幕結界と勝負させましょう。どっちが強いか)

永遠亭にて

永遠亭


アリス「……っていうわけで、どう思いますか先生?」

永琳「いや、うちカウンセリングは、やってないんだけど」

アリス「何でですか!あなた医者ですよね!?」

永琳「医者だけど、どっちかって言ったら薬師ね。恋に効く薬なんて無いわ」

アリス「だってあなた薬作れる能力じゃないですか。それでよく医者なんて名乗れますね」

永琳「それでも恋に効く薬なんて作れないわ」

永琳「ていうわけで、あなたは帰りなさい。ていうか帰れ」

アリス「…じゃあ、魔理沙が私を嫌いになった理由って何なんですか?」

永琳「それは…」


ガチャ

輝夜「心 か 」

バタン


アリス「…………………。何ですか今の」

永琳「気にしたら負けよ」

永琳「それより、あの白黒魔女に嫌われた理由…だっけ?」

永琳「それはあなたが早とちりしてるだけじゃないの?あなたそそっかしそうだから」

アリス「……………………」

永琳「…私に言えるのはこれくらいよ。あの魔女にもう一度話したら許してくれるかもしれないわ。」

アリス「……あの」

永琳「なぁに?」

アリス「ありがとう……ございます」

永琳「どういたしまして」

バタン

永琳「恋の病…か」

永琳「私には無縁の事ね」

ガチャ

てゐ「それって本当?」

永琳「ふふ…内緒よ」

てゐ「ふーん…」

てゐ「私にも無縁だったなぁ」

永琳「それって本当かしら?」

てゐ「嘘つきウサギはどっちか分からないウサ」

永琳「…そうね。あなたは縁がありそうだもの」

てゐ「まあ無いけどね」

永琳「私の同情を返しなさい」

てゐ「てーゐ」

とある霧雨の恋色魔法

魔理沙「あー…何か最近八卦炉の調子が悪いな…」

「マスパも威力落ちたし、こりゃ修理しなきゃいけないか…」

「じゃ、いっちょ行きますか…」

boooon…


香霖堂

カランコロン…

霖之助「いらっしゃ…って、何だ魔理沙か」

魔理沙「何だは無いだろ」

霖之助「で、今日は何しに来たの?」

魔理沙「あぁ。実は…」




霖之助「なるほど、八卦炉が出力不足か…」

魔理沙「あぁそうだ。なるべく早く修理頼むぜ。じゃないと夕飯も作れない」

霖之助「君は他人の家でご飯を食べてるじゃないか」

魔理沙「うぐぐ」

霖之助「……僕は作らないからな」

魔理沙「分かったよ…」

魔理沙(香霖が作ってくれないとなると……やっぱアイツの所か)

魔理沙「じゃ、香霖。修理頼むぜ」

霖之助「分かってるって」

バタン

魔理沙「はぁ…アイツとこないだケンカしたばっかだからな…会いづらいな……しかたないか」


boooon…


アリスの家

魔理沙「よぉーアリス。また来t」

ドゴッ

アリス「魔理沙あああああああ!」

魔理沙「お前なぁ!いきなり本を顔目掛けて投げるな!角って痛いんだから!!」

アリス「魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙魔理沙」

魔理沙「ああああ落ち着けアリス!!」




魔理沙「………で、何でドア開けたらいきなり本を投げてきた?」

アリス「だって…」

魔理沙「だっても明後日もない」

アリス「だってこないだ魔理沙、『パチュリーの所行って本借りて来るぜ。お前は来なくていい。』って言ったじゃない!!」

魔理沙「あぁ…あれは…」

アリス「どうせパチュリーとお茶飲んだんでしょ!?もういい!魔理沙なんか知らない!」

魔理沙「……………話をしよう」

「あれは今から三週間…いや、一週間前だったか…まぁいい」

「私にとってはつい昨日の出来事だが」

「アリスにとっては…多分」

「明日の出来事だ」

アリス「え……」

魔理沙(これで怒りが収まると嬉しいんだが…)

ガゴン

アリス「そんな口説き文句聞いた事無いわよ!何でエルシ○ダイで口説くのよ!?」

魔理沙「だから痛いって!本を投げるのは止めろ!!」

アリス「魔理沙のバカ!!もうアンタなんか知らない!!」

魔理沙「うぉいアリス!」

バタン!!

魔理沙「……出ていっちゃったぜ…」

「……夕飯どうしたもんか…」

パシャ

魔理沙「あ?」

射名丸「今修羅場?wねぇ今修羅場?ww」

魔理沙「uzeeeeee!!」

射名丸「貴女パチュリーさんとお茶飲んだんですか?[お茶だけ]ですか?」

魔理沙「くそっ!ウザすぎる!こうなりゃマスパで…」

魔理沙(!! ……そういや今八卦炉は修理してんだったぜ…)

魔理沙「あれ?ブン屋はどこに…」

くしゃ

魔理沙「何だこれ?置き手紙?メモか?」

射名丸『アリスさんは永遠亭の方に向かいましたよ』

魔理沙「…仕方ない。丸腰で行くしかないか…」


boooon…………

主の生態
どーにかなるし、どーにでもなります。世の中。

ノーレ中尉(旧ヴィヴィット)

Author:ノーレ中尉(旧ヴィヴィット)
パチュリーとパチュリーとパチュリーが大好きなおっさん。パチ「ェ」リーっつったやつ屋上に来い

見てくれた人
田井中律
今見てくれてる人
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
vivit_kr011をフォローしましょう
今日は何の日?教えて慧音先生
けーね先生が今日は何の日か教えてくれるってけーねがいってた

まよねーず工場
十六夜咲夜の大きな懐中時計
大きな咲夜の月時計~ 咲夜さんの時計~♪

まよねーず工場
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。